岡山 美作大・短大部彩るXマスイルミ  /美作のホテルでXマス向けイルミ

美作大・短大部彩るXマスイルミ
美作大 イルミ

子どもたちに夢を与えようと、クリスマスシーズンに合わせて始まったイルミネーションが、今年も美作大・短期大学部(津山市北園町)にお目見えした。25日まで柔らかな光がキャンパスを彩る。
 同大を運営する学校法人・美作学園が創立100周年を迎えたことから、今年は節目にちなんだ企画を約1万球のLED(発光ダイオード)電球で展開。大学の本館前だったメーン会場を、11月に落成した「100周年記念館」に移し、7千球のLEDをともす高さ約60メートルの巨大ツリーを壁一面に設置した。
 3階テラスには、木板(縦約1・5メートル、横約7メートル)をくりぬいて100年前の授業風景を再現した作品を設置。現代玩具博物館・オルゴール夢館(美作市)の橋爪宏治館長と、幼児教育学科1、2年生の共同作で、同学園が「裁縫学校」として誕生した経緯を踏まえ、生徒らがミシンを使って勉学に励む様子を、後ろから照らし出す仕組みになっている。
 2日夜に点灯式があり、学生らのカウントダウンとともに一斉に明かりがつくと、感嘆の声が上がった。毎年家族と訪れる小学4年生男子(10)は「今までで一番きれい。たくさん写真に撮りたい」と話した。
 イルミネーションは幼児教育学科の学生が2005年から毎年企画。点灯は午後4時半-9時。

/////
美作のホテルでXマス向けイルミ
美作 ホテル イルミ

美作市江見の作東バレンタインホテル一帯で、クリスマスに向けてイルミネーションの点灯が行われている。冬の夜に幻想的な光が浮かび、来場者を魅了している。25日まで。
 ホテル従業員が約2万個のLED(発光ダイオード)を建物や植え込みに設置。赤や緑色に彩られたタワー、きらびやかなツリー、白く輝くトナカイなどがクリスマスムードを盛り上げている。
 母親と訪れた小学2年女子(7)は「いろんな色の光があってきれい。ベルの形が気に入った」と見とれていた。
 23日は午後5時から賛美礼拝、6時半からピアノやフルートのコンサートがあり、7時45分から約千発の花火が打ち上げられる。参加無料。
 点灯は午後6時-9時。問い合わせは同ホテル(0868ー75  1115)。

/////